コワーキングスペースって何?今話題の新しい働き方を徹底解説!


最近何かと話題の、「コワーキングスペース」。どのようなものなのか、意外とわからない方も多いのではないでしょうか?今回は、コワーキングスペースとはそもそも何なのか、利用方法やユニークなサービスのあれこれ、またレンタルオフィスやバーチャルオフィスとの違いは何なのかを徹底解説します!

コワーキングスペースとは


コワーキングスペースは、複数の利用者が一つの空間を共有しながら、それぞれの仕事をしている、その場所のことを指します。

図書館のようなものと言えば、イメージが付きやすいかと思います。オープンスペースを他の人と共有しながらも、それぞれが自分の仕事や勉強に打ち込むかたちです。

英語の「co-worker」という言葉は「同僚」という意味で、この「co-」は、「共同」といった意味合いを持ちます。つまり、「co-working space」は、他の人と「共同で利用する仕事場」という意味です。
「シェアオフィス」という言葉も、コワーキングスペースと同義で使用されることがあります。

どんな人が利用するのか?

主に、職場を持たないフリーランスの人や起業家、または少人数の社員を抱えるスタートアップ企業などが利用しています。

なぜコワーキングスペースを利用するのか?

オフィスの費用削減

オフィスを構える際に賃貸を借りる場合、毎月の家賃や高額の保証金、家具や家電の準備、作業用のインターネット回線や電話回線、書籍や文房具などの備品代、ティッシュなどの消耗品に至るまで、ありとあらゆることにコストがかかってきます。

一方コワーキングスペースの利用費としてかかる費用は、月々もしくは当日の利用費と、多少の保証金のみ。
その料金だけで、作業デスクやチェアなどの家具はもちろん、家電や備品、インターネット環境が利用可能です。

最近では、デスクやネット環境を提供してくれるだけでなく、クリエイティブ職の方にとってうれしい大きいサイズの印刷機が利用できたり、書籍が読み放題だったりするところまであります。
また、フリードリンクや軽食などのサービスを行っているところもあり、コワーキングスペースがますますユニークで快適な場所へと変化していっています。

交流の機会が生まれる

コワーキングスペースの一番の魅力は、何といっても、違う職業分野の人と出会うチャンスがあったり、偶然にも近い職種の人と出会い意気投合するチャンスが芽生えたりする可能性があるということです。
仕事に情熱を抱く起業家やスタートアップのメンバーとの出会いは、自分自身が仕事をするうえでますます刺激になったり、新たな発見を生み出す機会になったり、さらには出会った人と新しい仕事を展開していったりするチャンスともなりえるのです。

最近では、「高級シェアオフィス」と呼ばれる、ハイクラスなコワーキングスペースも増えています。
高級シェアオフィスの利用者は、高級という名の通り、お金がない駆け出しの企業ではないようです。彼らは自社オフィスを構えることに拘らず、あえて同じだけの高い金額を支払ってコワーキングスペースを選び、他の人と出会い繋がることによって、ビジネスを大きくしていきたいという考えを持っています。

コワーキングスペースの利用方法

ドロップイン

作業をしたいその日だけ、一時的にコワーキングスペースを利用するというスタイルのことを指します。場所の利用時間単位で、使用料金が発生するかたちです。

ドロップインは、ちょっとカフェに立ち寄って仕事をするような感覚と似ています。
ただ、カフェだと長時間の利用が厳しかったり、周囲の話し声が気になったりすることがあります。
しかし、コワーキングスペースだと、一定の時間を超えると定額料金になる場所がほとんどのため、長時間使用しても安心で、もちろん集中出来る環境が整っているため、カフェよりもドロップイン利用を支持する人が多くいます。
頻繁に出張に行ったり、あちこち外出したりすることが多い人には、ドロップイン利用がおすすめです。

月額利用

コワーキングスペースを月単位で使用できる契約をして、月額料金を支払えば、その既定の時間帯であれば自由に利用することができるのが、月額利用のスタイルです。
ドロップイン利用と比べて、利用できる設備やサービスが多い場合があるので、頻繁にコワーキングスペースを利用する予定の方には、月額での利用がおすすめです。

月額利用における座席利用の仕組み

フリーアドレス

ほとんどのコワーキングスペースは、基本的にフリーアドレス制を導入しています。フリーアドレスとは、使用する席を指定せず、都度行くたびに空いている席を使用するということです。
自分が使っていない時に他の人が使えるという効率性から、運営側としても利用者としても、費用を安く抑えられるのがメリットです。

固定席

最近は、固定席を確保できるコワーキングスペースが増えてきています。
自分の私物を置くなどして、自分専用の空間として使用できるため、身軽に出入りすることができる点がメリットです。
ただ、フリーアドレスと対照的に、自分が使用していない時に他の人がその席を利用することができないため、その点利用費もフリーアドレス制より高くなります。

その他の利用方法

その他にも、仕事終わりに立ち寄りたい人にうれしい「夜だけの利用プラン」や、空いている午前中を有効活用したい人におすすめな「午前中だけの利用プラン」、平日は固定仕事で週末に個人の作業をしたい人に最適な「週末だけの利用プラン」など、自分のリズムに合わせて選べるプランを提供しているところも増加しています。

利用者にとって費用面の削減ができてうれしいですし、運営側の人にとっても効率よく座席を利用してもらえる点がありがたいようです。需要と供給のあった、みんなが気持ちの良い働き方です。

コワーキングスペースのサービス

イベント利用が可能

前述したとおり、コワーキングスペースの一番の魅力は、普段の生活では出会うことができないような人と予期せぬ繋がりを得られること。そんな繋がりを得られる機会を積極的に設けようと、イベントを開催できるスペースを提供したり、イベントを独自に運営したりするコワーキングスペースがたくさん出てきています。
コワーキングスペースの会員が参加できるようなトークショーやセミナーを開催したり、和気あいあいとしたパーティーを開いたりすることもしばしば。
また一部、コワーキングスペースの一角をイベントスペースとして貸し出ししているところもあり、自らイベントを開きたい人にもうれしいサービスですね。

法人登記のための住所利用が可能

事業を法人化するにあたり、法人登記をするための住所が必要になります。一部のコワーキングスペースでは、そのコワーキングスペースの所在地を法人住所として使用を認めている場合があります。
諸事情があって、法人住所として自宅の住所が使用できないなどの懸念点がある人にとっては、とてもありがたい特典です。

法人登記できる住所が欲しいのであれば、後で述べる「バーチャルオフィス」を利用することも手かもしれません。「バーチャルオフィス」とは、言わば「住所代」なので、料金はもちろん安く抑えられます。
しかし、仕事場として利用できて、かつ住所も利用できるコワーキングスペースを使用した方がなんだかお得な気もします。

都心のオフィスの住所を利用できることは、一種のステータスになることもあります。
取引先がいたり顧客を抱えたりする仕事の場合は、住所を名刺に記載して、中心地にオフィスがあることをさりげなくアピールすることもできるのです。

レンタルオフィスとは何が違うの?

レンタルオフィスとコワーキングスペースの違いは、簡潔に言うと、作業空間が「仕切られた部屋」になっているかどうかという点です。

コワーキングスペースは一般的に、一つのオープンスペースを他の人とシェアする場所とされています。対してレンタルオフィスは、仕切られた個室をそれぞれが利用できるという仕組みです。

レンタルオフィスは、コワーキングスペース同様、自分で賃貸契約をするよりもオフィスの賃料を抑えることができ、必要な家具家電や備品なども新たに揃える必要がないので、諸々の経費も削減することができます。

さらにメリットとして、レンタルオフィスは個室のため、空間をシェアするコワーキングスペースよりもプライバシーが守られています。基本的に関係者以外は入室することができないため、他人に機密事項を聞かれることもなければ、他の人の話し声などに自分の作業を邪魔されることもありません。

バーチャルオフィスとは何が違うの?

先ほど前述したバーチャルオフィスとは、仕事場として場所は利用せず、その住所のみ利用することができるというプランのことを指します。すなわち、法人登記などのために住所が必要な人が、その所在地の住所だけを借りるということです。実際にその場所をオフィスとして使用することはありません。

まとめ

働き方改革が進む昨今、コワーキングスペースの数も年々増加し、そのスタイルも他社と差別化を図るように多様でユニークなものに溢れています。
興味がある方はぜひ、お近くのコワーキングスペースをのぞいてみてはいかがでしょうか?
新しい空間での新しい人との出会いは、あなたのワークライフに刺激を与えてくれるかもしれません。